header1b

日陰計算・天空率解析日影計算・天空率解析

KEN都市建築設計事務所では、建築設計の基礎となる天空率の解析や日影計算などを行っております。
正確な天空率解析(ボリュームチェック)を行うことで、建築設計を行う上で様々なメリットが生まれます。
天空率解析のことなら当社まで、お気軽にご相談ください。

日影計算・天空率解析

日影計算・天空率解析

当社では、建築設計にはAutodesk社製BIM CAD Revitを使用しておりま すが、天空率解析(ボリュームチェック)や日影・斜線・逆日影計算には 生活産業研究所社製 ADS9(建築基準法集団規定解析システム)を使用して 高精度の解析・計算を行っております。

天空率解析単体でもお引き受けいたします。各種申請書用のアウトプットもお申し付けください。
※解析は日本全国どのエリアでも対応いたします。

ボリュームチェックは1万~3.5万円でお受けしております。
詳しくはお問い合わせください。

天空率のメリット

天空率のメリット

平成15年1月1日より施行された「天空率制度」により、高さ制限が緩和 され、建築可能空間を拡大することが可能になりました。

正確な天空率解析(ボリュームチェック)を行うことで、建築設計を行う上で様々なメリットが生まれます。

斜線制限の緩和 使用容積率のアップ 造体への負担減
建築可能空間の創出 採光の確保 庭(空き地)の有
コスト削減 他社との差別化 など

CADデータに関しまして

CADデータに関しまして

天空率解析には、対象となる建築物のCADデータが必要になります。
当社の建築設計以外の場合は、
CADデータをお持込みいただく必要がございます。

当社では、広く普及しているJw_cad形式(JWCファイル)での受け付け、
お引渡しにも対応しております。

CADデータのお持込みで不明点がありましたら、
当社までお気軽にお問い合わせください。
 

住宅や大型建物建築の設計、天空率解析や日影計算はプロにお任せください

当事務所では一級建築士が最新の解析機器を用い、天空率の解析や日影計算を承っております。埼玉や東京などで、住宅をはじめマンションや商業施設、工場など大型建物に豊富な実績がございますので、建物の種類や規模を問わず、お気軽にご相談ください。
新たに制定された天空率制度によって高さ制限が緩和され、建築可能空間の拡大が可能となっています。精度の高い天空率解析を行うことで、空間の有効活用が可能となり、建築設計上のメリットが生まれます。
店舗兼用住宅やマンション、大型商業施設などの天空率解析(ボリュームチェック)や日影計算をはじめ、各種申請書や資料の作成なども承ります。そのため、提案やコンペティション、プレゼン向けのサポートもできますので、他店と差別化を図りたい方もお気軽にご相談ください。